自作ゲームの大福島

プログラムの使えない素人がCF2.5を使ってゲームを作ってみるブログです

スポンサードリンク

グラフィック強化

f:id:vobo:20151224232347j:plain

街の噂では、今宵、赤装束の忍びが各家に侵入し、物を置いて行くという…

どれ、捕まえて一戦交えるとしようか…。それまでここで待とうと思うでござる。

f:id:vobo:20151224232701j:plain

3時間後(寝息)

 

 

皆さん、メリークリスマスで御座います。

聖夜にドット打ち (*^¬^)ノ∀

モフヲです。

 

若干前回更新から日が空いてしまいましたが、何をしていたかと申しますと、

ドット絵背景の再作成をしておりました。

f:id:vobo:20151224233229j:plain

こんな

f:id:vobo:20151224233104j:plain

感じです。

どうにも以前から自身で打つドットが、「…何か違う」と思っておりましたので、これを機に一から勉強しようと思い、様々なドット絵講座ブログを参照させて頂いたり、商用ゲームや個人作成のハイクオリティドット絵を参考に、試行錯誤しておりました。

 

で、一つ分かった事は自身の過去作ってきたドット絵に致命的に足りない物は、(画力を除いて)アンチエイリアスなのではないかという事です。

アンチエイリアスに関しては「ドット絵 アンチエイリアス」で検索頂ければ、分かりやすく、かつ詳細に説明頂ける素晴らしいサイトが多数出てきますので、初耳という方は是非参考にしてみてください。

ドット絵特有の角ばった感じを、中間色を配置する事で滑らかに見せる技術の事なのですが、真似してやってみたところ、今までと比べて数倍時間がかかってしまいました。

ちなみにアンチエイリアスの概念を知らずに作っていた物と、比較してみました。

↓過去作

f:id:vobo:20151224234419j:plain

↓今作

f:id:vobo:20151224233229j:plain

(色の境目に中間色を配置して、滑らかな感じを演出)

若干モチーフも違うので純粋な比較では無いかもしれませんが、どちらも同じピクセル数の画像です。

私の稚拙な技術であっても明らかにアンチエイリアスを意識して作ったドットの方が見た目に綺麗です。

というわけで、勉強しながらの作成となる為、画像強化はまだまだ時間がかかりそうです…。

今取り掛かっているドット絵強化についても、何かまた自分なりに感覚をつかむ事が出来たら、コツなどお伝えさせて頂ければと思います。

本日も閲覧ありがとう御座いました。

皆さん、良い聖夜を(*´ω`*)

広告を非表示にする