自作ゲームの大福島

プログラムの使えない素人がCF2.5を使ってゲームを作ってみるブログです

スポンサードリンク

自分語り回 前編〜ツールについて〜

 こんにちはモフヲです。

ボスキャラクター作成にまだまだ日がかかりそうですので、今迄全く触れてこなかった、このブログ、作成中のゲームに関するコンセプトなんかをダラダラと書かせて頂こうかなと思います。


まず、そもそもなんでゲームを作るのか?という事ですが、これはもう単純に

ゲームが好きだから

という事に尽きます。


私は現在アラサーサラリーマンをやらせて頂いております。世代としてはがっつりFC世代。スーパーマリオは勿論、ゼルダの伝説悪魔城伝説、今のゲームの基盤となるような名作に触れて育ってきました。


幼少期からいつか自分だけのゲームを作ってみたいなあと思いながら、ノートの端に落書きするような、空想癖のある子供だったように思います。


ですが、勿論プログラミングを勉強する根性なんかありませんし、当時は今のようにゲームを手軽に自作出来るような環境もありませんでした。

ところが時代が流れ、インターネット、PCが普及するにつれ、RPGツクールを始めとする、ゲームの自作ツールが続々登場してきました。

当時は私もならば触ってみよう!と購入してはみたものの、元々純RPGよりアクションの方が好きだったので、結局長続きはしませんでした。

ならばアクションゲームを作れるツールはないものか?と探した結果、辿り着いたのが、CF2.5の前身であるmmf2だったのです。


マルチメディアフュージョン2。

「ハイパーメディ⭕️クリエイター」のようになんだか一抹の胡散臭さを覚えながらも触ってみると、確かに画期的‼️


単純な動作なら変数とかループなんかのややこしい知識もいらない!これはついに、ついに夢のツールを見つけたでぇ!と喜んだのも束の間。やはり簡単に凝ったゲームなど作れるわけもなく容易に挫折する事となります( ´_ゝ`) 


当時は20代前半、始めたばかりの仕事にまみれて仕事尽くめの毎日で、とてもじゃありませんが趣味の世界でまで試行錯誤する暇はありませんでした。


そうして数年が経ち、再び現在のCF2.5を手にしてしまうわけですが、記事が長くなりましたので、次回にまた書かせて頂こうと思います。


というわけで何の需要もない記事の閲覧ありがとうございました(⌒▽⌒)